船小屋温泉郷

炭酸泉/すずめ湯

 ▼アクセス ▼サイトマップ ▼ABOUT 

すずめ湯

高濃度の炭酸温泉に浸かる。

DSC_3747s.jpg
お詫び:すずめ湯は、現在営業されておりません。




以下、過去情報の記録です。


天然炭酸泉「すずめ湯」

~ 天然自噴、含鉄高濃度炭酸泉 ~

DSC_3762s.JPG


すずめ湯ブログはじめました☆

  • オープン  平成22年3月 平成23年7月1日に脱衣室のリニューアル済み
  • 営業日   平成24年7月中旬より毎週金・土・日の営業  
  • 営業時間  11時~17時 (最終受付 16時) 木曜定休
  • 入浴料   大人350円  子供200円
            お得な回数券も好評販売中(3,000円⇒10回入浴可能)
  • 浴室    男湯・女湯
  • 住所    福岡県筑後市尾島451-2
  • 駐車場   鉱泉源公園の無料駐車場(10台)
  • 電話    080-2709-1408
  • オリジナルタオルも販売しております 200円 

&ref(添付/オリジナルタオル.jpg,,65%)

ちくてく新聞掲載記事はこちら


お客様からの声

  • ポカポカで大変気持ちがいいです。
  • 炭酸鉱泉というのを初めて知りました。たけしの家庭の医学を見ていて動脈硬化に聞くというのを知りとても気持ちよく入浴出来ました。(福岡県内60代男性)
  • よく温まる良いお湯です。鉄分の多い炭酸泉の特徴を活かされているのが嬉しい。(福岡県内 30代女性)
  • 温度が低いのに芯から温まるいい温泉でした。(福岡県内40代女性)
  • とても温もりました。ぜひ全国にPRして有名な温泉郷にして欲しい。(福岡県内30代女性)
  • お湯がよい
  • 血の流れがよいので通っている
  • 体によいと評判、腕が上がるようになった(佐賀市60代女性)
  • 独特の泉質でゆっくり入って疲れがとれた
  • 冷え性なので少し良くなって感謝
  • 足腰のしびれによい、湯あたりしない
  • 熟睡して疲れが取れてビックリしました
  • 炭酸泉は珍しいので、また入ってみたいと思います。(福岡県内60代女性)
  • とってもめずらしくてビックリ。有馬の湯みたいでとっても良かった。また来ますよ。


すずめ湯の特徴

船小屋の鉱泉は高濃度の炭酸を含んでいます。しかし、冷泉(水温約20℃)であるため浴用時に加熱をすると炭酸がぬけてしまいます。

そこで、炭酸を多く含んだ状態に保つことができる加熱装置が開発されました。

技術提供:国立大学法人「九州大学KSTC」、国立「久留米高等専門学校」

 

サーモグラフィー画像(実験:久留米大学 健康・スポーツ科学センター)

Thermography001.jpg


炭酸泉浴効能コメント

 鉱泉(高濃度炭酸泉、正式には二酸化炭素泉)浴は、以前より血行を良くするほか疲労回復、筋肉痛・関節痛などの疼痛緩和、高血圧症、リウマチに有効とされ最近では、リラックス効果も期待されています。一方、中年から中高年期の女性では、加齢による体力の低下のほか、女性ホルモンの変化による更年期関連の症状(頭痛、肩こり、胃腸障害、冷え性など)や皮膚の老化などの身体面の衰退が目立つ時期であります。さらには容姿・美貌の衰えなども加わり、社会的活動を低下させるなど精神面の不調も見られています。そこで、炭酸泉浴が中年から中高年期の女性に対し、心身の健康障害を改善・解消し健康増進に効果があるかどうか見るため、以下の研究を行いました。

 ボランテイアとして参加された地域住民32名の方を対象に、この32名を炭酸泉(湯温は38度、炭酸濃度は1500PPM)による足湯を行う炭酸泉浴群26名(平均年齢50.4±12.4)と温水(湯温は同じ温度で炭酸を含まない)による足湯を行う温水浴群6名(平均年齢51.7±18.4)に分けて、炭酸泉浴と温水浴の効果を比較しました。
参加された方の質問紙から求めた精神面の健康度や更年期障害の程度は、炭酸泉浴群と温水浴群の間で差は見られませんでした。しかし約10分間の足湯後には、炭酸泉浴群のみで血圧、心拍数は低下し、気分の変化をみる質問紙から求めた緊張―不安、抑うつー落ち込み、怒りー敵意、疲労の程度は軽減(気分が好転)し、足湯によるリラクセーションの効果が見られました。更には測定器から求めた足のかかと部の肌の水分率は、炭酸泉浴群のみで足湯後に増加しました。また主観的な肌触り感や肌の潤い感もアップしました。赤外線サーモグラフィーカメラによる連続撮影からは、足湯中の体表面の温度の上昇が見られました。

 以上から炭酸泉浴は、心身の健康障害を改善・解消し健康増進に大いに期待されると思います。

                  文責:久留米大学健康・スポーツ科学センター 
                        保健管理部門教授 豊増功次

TV・新聞記事関係


ご入浴いただいた著名人