サイトマップアクセスお問合わせABOUT

平成21年度地域資源∞全国展開プロジェクト
じゅわーっと、湯つらーっと 船小屋温泉
yamatarougani.jpg
矢部川に生息するモクズガニ
山深くの川を下る姿から「山太郎ガニ」という名で古くから親しまれています。

mokuzugani.jpg

漢字表記:藻屑蟹 
学名:Eriocheir japonica
分類:エビ目 イワガニ科 モクズガニ属


調理

  • 秋が旬
  • 主な調理法は塩茹 モクズガニ・調理法
  • カニミソは独特の強い甘みがあり美味
  • 雌は発達した卵巣、雄は大きな鋏脚についた身を味わえます。


特徴

  • 全長7~8㎝程
  • 主な体色は緑がかった褐色
  • 甲には黒くて細かい豹柄があります。
  • 鋏脚に黒褐色の濃い毛が生えます。
  • 両側縁部にノコギリ歯状の突起が3つあります。

生態

  • 降河回遊を行います。(成体が海へ下って繁殖し幼生が川へ登る)
  • 雑食で小魚、貝類、水生昆虫、ケイ藻類などを食べます。
  • 孵化した後、脱皮・変態を繰り返して成体へと成長します。
    • ゾエア幼生→メガロパ幼生→稚ガニ→成体

繁殖

  • 繁殖期は秋
  • 川を下った下流~沿岸域で交尾・産卵を行います。
  • 雌は産卵後の卵を水温に応じて2週間~2ヵ月間程抱いて守ります。



添付ファイル: filemokuzugani.jpg 2243件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-09-22 (木) 16:46:57 (2307d)